Support practice

事故による治療

交通事故により発生するむちうちについて

交通事故でむちうちになった話はよく耳にします。主に追突事故で発生し、後ろから追突された反動で首が前後に振られ、それによって首に捻挫が発生するものです。診断書には、頚椎捻挫と記載されることがよくあります。交通事故の場合、損害賠償の問題が発生するため、むちうちによる長期治療、治療期間が長くなれば賠償金も増えるためですが、問題になることが、よくあります。むちうちはこわいとも言われますが、基本的には捻挫であり、治療に何年もかかることはち通常あり得ません。せいぜい3ヶ月から長くても半年が限度というのが医学的には通説です。それ以上の治療期間を要するのは、お金目当てによるものかむちうち以外の要因があると言わざるを得ません。

交通事故で治療が長引いた場合はMRI検査を行いましょう。

交通事故によるむちうちで治療期間が長くなっても治らない場合は、首のMRI検査を行い、むちうち以外の要因を調べたほうがベターです。よくあるのが、ヘルニアや脊柱間狭窄症です。ヘルニアは、首の骨の間の椎間板が飛び出し、神経を圧迫するものです。脊柱間狭窄症は、脊髄が通っている骨の空洞が、細くなって脊髄が圧迫されるものです。何れも事故が原因で発生することはまずあり得ず、加齢が要因ですが、もともと何も症状が無かったとしてもこのような加齢現象があったがために症状が重くなることがあります。このような場合は、後遺障害に該当する可能性がありますが、MRI検査を行わないとわからないことがあるため、交通事故によるむちうちは 検査を行うことをお勧めします。

Copyright© 2015 交通事故や離婚相談、株式会社の設立などは、業者に相談しよう。 All Rights Reserved. Design by http://f-tpl.com