Support practice

法人での利点

起業するメリットデメリットをしっかり把握する事

個人事業家にとって株式会社設立は一つのステータスと言えます。何といっても事業を拡大する上で社会的信用がありますから、今後のビジネス展開が開けていきやすくなります。現在株式会社設立には資本金一円から始められることもあり、株式会社設立に大きなハードルはありません。しかしその反面デメリットもありますからそれらをしっかり把握した上で株式会社を立ち上げるべきです。 株式会社のメリットは先ほど申したように社会的信用があることと、事業費の経費が法人であるとかなり優遇される点があります。儲かれば儲かる程、法人形態の方がメリットがあうのです。 対してデメリットは事業以外に源泉徴収や社会保険の手続きなど諸手続きによる雑用頻度が多くなる事です。事業を円滑にするために従業員を雇うとなるとコストも掛かり、年間の法人税が赤字であっても一定の額を納めなければなりません。

株式会社設立のための足場を固めておく事が大事

株式会社設立したはいいが、それを維持継続させ発展していかなければなりません。将来のビジョンを掲げ、計画的な事業運営を構築していくことが経営者の役目なのです。 私も個人事業を行っていて将来の株式会社設立を目標にしています。ウェブデザイン作成を中心に会社や個人の方から仕事を貰っているという状況です。しかし収入的には株式会社設立のための目標には届いていないのが現状です。事業を行う上で株式会社設立は大きなメリットなのですが、運営面におけるコストを賄いきれなければあっさり頓挫してしまうのです。 これらの問題をクリアしていき、事業売上や経営規模を大きくしてから株式会社として立ち上げたいと考えています。急いで会社設立などせず焦らず着実に事業を安定させてからでも遅くないと思います。

Copyright© 2015 交通事故や離婚相談、株式会社の設立などは、業者に相談しよう。 All Rights Reserved. Design by http://f-tpl.com