Support practice

過払いの金を取り戻す

過払い金という言葉を知っておく必要

お金の貸し借りがある場合、その返還に際して利率を設けることができます。 しかしながら、その利率に関しては法律上の上限があり、それ以上を超えてなされた利率に関しては無効となります。 この法定の利率を超えて払ってしまった場合、その超えている部分は無効になりますので、払わなくても良いお金。つまりそれが、過払い金になるわけです。 過払い金はもちろん返還が可能となっています。 最近では、過払い金を取り返せる旨の宣伝がよく目につきますが、誰にでもあるわけではありません。 お金を借りた人は、その契約内容を見直してみたり、返済した際に支払った利率の割合を調べてみると、すぐに分かるはずです。 よって、過払い金は誰にでもあるわけではないことと、自分でも調べられること。 そのことを頭に入れておけば、今は宣伝が頻繁に流れるために頭に残っていますが、いずれ宣伝がなくなってしまうことも予想されます。今、法定利率はしっかりと覚えておけば、法外な利率で契約を交わすことはないでしょう。

過払い金返還請求の注意点

過払い金返還請求の注意点というのは、いくつかありますが、一つは時効です。これには時効がありますから、その前にしっかりと請求をする必要があります。 それは十年ですから、時効を迎える前にやるのです。ちなみに一度請求すると時効はリセットされますから、それは安心してよいです。過払い金というのは、要するにグレーゾーン金利で借りていた人にしかないものです。つまりは、お金を借りたことがない人にはまったく関係ないのです。 しかし、何百万円と借りて返済していた人にはかなりの確率で過払い金が発生しているのです。当時としては、グレーゾーン金利で貸すのが当たり前であったからです。ですから、過払い金がないかどうかを確認することです。

Copyright© 2015 交通事故や離婚相談、株式会社の設立などは、業者に相談しよう。 All Rights Reserved. Design by http://f-tpl.com